ブログ

Blog

家計管理が夫婦円満の秘訣!

あなたはどのタイプ?  新婚夫婦が検討したい「3つの家計管理法」

夫婦での生活がはじまると、気になりはじめるのが「お金の管理」ではないでしょうか。将来を考えると、住宅購入や子どもの教育、老後の備えなどのライフイベントに向けて資金を着実に貯めていきたいもの。それでなくてもその人の価値観が色濃くあらわれるお金の使い方については、新婚の時期にすり合わせておくのがお勧めなんです。この記事では夫婦でできる家計管理法を3つ紹介。参考にして2人に合った家計管理法を探してみてください。

■サイフが1つの「お小遣い制」は対等な管理がカギ

家計を管理したいけど、何から手をつければいいかわからない……そんなときは、まず2人に合った家計管理法選びからはじめましょう。家計管理法は大きく3タイプに分かれます。

まずは「お小遣い制」。2人のどちらかが家計の管理者となり、お小遣いや生活費の金額を決めてもう1人に手わたす方法です。いわゆる“サイフが1つ”のタイプで、家計の見渡しやすさは随一でしょう。家計が2つめの「役割分担制」は、夫は家賃と光熱費、妻は食費と光熱費というふうに、役割を決めて家計を担う方法です。こちらは“サイフが別々”のタイプで、共働きの夫婦に多い方法。そして3つめが「共通口座制」。専用の生活資金用口座をつくり、夫婦それぞれが毎月そこに一定金額を入金する方法です。

いずれのタイプにもメリット・デメリットがあり、それを理解して2人に合ったものを選ぶ必要があります。たとえば「お小遣い制」には管理者が定まっているという安心感がありますが、管理している側にパワーバランスが偏りやすいという面も。また、管理されている側の当事者意識が薄れ、家計が管理者1人に任せきりになってしまう恐れもあります。定期的に話し合いの機会をもち、双方が対等な立場で家計を管理できるよう注意しましょう。

■「役割分担制」「共通口座制」なら双方が当事者意識を

「役割分担制」家賃は夫、光熱費は妻のようにそれぞれ支払いを分担して支払うケースです。

役割分担制には、家計を2人で支えているという連帯感があります。しかし管理者不在になりがちで、貯蓄の残高を誰も知らないという不安な事態にも。将来のことを考えてライフプランを共有し、そのために必要な貯蓄や家計管理を2人で行っていくという意識を持つことが大切です。

長年夫婦仲良くされているカップルのお話です。毎月1回、前月の支払い、来月の支払いの家族会議を行うということで、毎月のミーティングの場が夫婦円満の秘訣とお話しされていました。普段生活に追われ気持ちの余裕がないと会話が少なくなりがちですがこの会議の時はリセットして、自分のやりたい事、家族にしたい事が話題になり相手の気持ちに寄り添える時間となっているとお話しされていました。素敵な関係ですね。

この点については、「共通口座制」でも同じことが言えるでしょう。特に共通口座制ではそれぞれの口座で貯蓄を行うカップルが多く、貯蓄額の把握が難しくなりがち。お互いに「相手はしっかり貯めているだろう」と思っていたら、2人とも貯金していなかった……ということも起こりえます。生活用口座のほかに共通の貯蓄用口座もつくるなどして、貯蓄の目的や金額を共有する工夫をしましょう。

将来の家の購入のための貯蓄、旅行のための貯蓄、子供の学費のための貯蓄等、将来のためのお金の付き合い方を夫婦二人で考え共有する事や生命保険や学資保険等の知識をもつことも不安を解消するために勉強したいものですね。

株式会社かんでんCSフォーラム(2016)が全国の既婚女性48,086人を対象に行った調査によると、「お小遣い制」を採用している夫婦が全体の8割近く(77.7%)を占め最多。「役割分担制(12.8%)」や「共通口座制(5.3%)」に大差をつけています。また「お小遣い制」を採用している夫婦のうち、妻が管理者である割合は62.5%と半数以上。夫婦の財布は妻が握りがちな実態が垣間見える結果となりました。あなたの家族には、どのタイプが合いそうでしょうか。ぜひ一度、夫婦で話し合ってみましょう。

<参考文献>

自主調査|夫婦タイプと家計管理に関する調査(かんでんCSフォーラム)

https://www.kcsf.co.jp/marketing/pr14.html
SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ